普段の生活から健康状態するためにやっておきたい習慣など

ここ数年、健康志向が強い人達が増えた傾向にあるように感じます。

年齢を重ねても素敵な女性や、とても実年齢に見えない若い年配男性などが多くいらっしゃいますが、その方達を筆頭に健康であることを謳歌する時代がやってきているのかもしれません。

そこで、ここでは普段の生活の中で健康を維持できる情報をいくつかご紹介いたします。

体重をBMI値で管理しましょう

BIM値というのはご存知でしょうか。

これは、体格を数値化するものでボディマスインデックスの略です。

この数字により、身長に対して健康的な体重を算出する事が出来ます。

計算式は、体重÷(身長×身長)です。

例えば、体重55キロ、身長160cm(1.6m)の人であれば55÷(1.6×1.6)という式で、21.48(ここでは小数点2ケタは四捨五入させていただきます)という数字がでます。

日本は22.0を平均と定め、この平均値に近いほど健康体重であるという事を示しています。

22.0より低いと少し痩せ気味、それより多いと肥満気味ということになります。

この健康体重を維持する事で、体の外側内側にかかる負担を減らす事が出来ますし肥満や生活習慣病からくる病気のリスクを減らす事が出来ると言われています。

この数値は年齢問わず基準として利用できますので、若い方も年配の方も計算する事が出来ます。

さて、あなたの現在の体重はいかがでしょうか。

是非計算をしてみてくださいね。

特保で健康維持

現在、特定保健用食品いわゆる特保といわれる商品がたくさん販売されています。

これは、国がきちんと研究をして健康を維持できるまたは痩せる事が出来るという根拠を持って販売している物です。

国が推奨をするものですので確かな品質と効果があるということで注目されています。

食品から飲料まで幅広いラインナップがあります。

しかし、根拠を見つける研究費と商品化するまで膨大な時間を要するものなので他の同じ種類の商品と比べても割高なのも事実です。

そんな中で比較的購入しやすいものといえば飲料類ではないでしょうか。

特保と書かれた緑茶が何種類かあり、そのほとんどが体脂肪を燃やすという効果があるようです。

緑茶にはご存知の通りカテキンが含まれているのですがこのカテキンをより摂取できるよう開発されていますので、健康を維持するのには役立つはずです。

緑茶はカテキン効果がありますが、乳酸菌を含んだカルピスなども特保として販売されていますので腸内環境を整えたい方にはこのカルピスなどもお腹の環境を整え健康を維持する事が出来るはずです。

今自分に欲しい健康や改善したい状態に合わせて飲んでみるのも良いですね。

食事は腹八分目

一回の食事でどのくらいの量を食べているか意識した事はありますか。

空腹時に食事をするとお腹いっぱいになるまで食べる方も多いと思います。

それを毎日3食続けていると内蔵の負担が大きくなってしまいますし、胃もたれや腸内環境が悪化する場合もあります。

しかし一回の食事の量を腹八分目程の量で抑えると内蔵や消化器官への負担が軽減されると言われています。

腹八分目なんて物足りなさを感じるかもしれませんが、何度か続いていると慣れて来ますし食事直後の体が重たい状態がなくなり、その後の活動も軽快にする事が出来るはずです。

また、お腹がいっぱいになることから引き起こされる眠気も抑える事が出来ます。

食事の量を抑える事でいままで取っていたカロリーも抑える事も出来ますし、健康も維持できるとしたら嬉しい事ですね。

お腹いっぱいになるまで食事をしている方は現在の食事の量を見直してみるのはいかがでしょうか。

普段の生活の中で健康を維持する情報を記載しましたがいかがでしたか。

お役にたてるものがあったでしょうか。

健康でいる事は自分一人だけではなく周りの人達も幸せにすることに繋がります。

是非普段からの生活を見直してみましょう。


ここ数年、健康志向が強い人達が増えた傾向にあるように感じます。

年齢を重ねても素敵な女性や、とても実年齢に見えない若い年配男性などが多くいらっしゃいますが、その方達を筆頭に健康であることを謳歌する時代がやってきているのかもしれません。

そこで、ここでは普段の生活の中で健康を維持できる情報をいくつかご紹介いたします。

体重をBMI値で管理しましょう

BIM値というのはご存知でしょうか。

これは、体格を数値化するものでボディマスインデックスの略です。

この数字により、身長に対して健康的な体重を算出する事が出来ます。

計算式は、体重÷(身長×身長)です。

例えば、体重55キロ、身長160cm(1.6m)の人であれば55÷(1.6×1.6)という式で、21.48(ここでは小数点2ケタは四捨五入させていただきます)という数字がでます。

日本は22.0を平均と定め、この平均値に近いほど健康体重であるという事を示しています。

22.0より低いと少し痩せ気味、それより多いと肥満気味ということになります。

この健康体重を維持する事で、体の外側内側にかかる負担を減らす事が出来ますし肥満や生活習慣病からくる病気のリスクを減らす事が出来ると言われています。

この数値は年齢問わず基準として利用できますので、若い方も年配の方も計算する事が出来ます。

さて、あなたの現在の体重はいかがでしょうか。

是非計算をしてみてくださいね。

特保で健康維持

現在、特定保健用食品いわゆる特保といわれる商品がたくさん販売されています。

これは、国がきちんと研究をして健康を維持できるまたは痩せる事が出来るという根拠を持って販売している物です。

国が推奨をするものですので確かな品質と効果があるということで注目されています。

食品から飲料まで幅広いラインナップがあります。

しかし、根拠を見つける研究費と商品化するまで膨大な時間を要するものなので他の同じ種類の商品と比べても割高なのも事実です。

そんな中で比較的購入しやすいものといえば飲料類ではないでしょうか。

特保と書かれた緑茶が何種類かあり、そのほとんどが体脂肪を燃やすという効果があるようです。

緑茶にはご存知の通りカテキンが含まれているのですがこのカテキンをより摂取できるよう開発されていますので、健康を維持するのには役立つはずです。

緑茶はカテキン効果がありますが、乳酸菌を含んだカルピスなども特保として販売されていますので腸内環境を整えたい方にはこのカルピスなどもお腹の環境を整え健康を維持する事が出来るはずです。

今自分に欲しい健康や改善したい状態に合わせて飲んでみるのも良いですね。

食事は腹八分目

一回の食事でどのくらいの量を食べているか意識した事はありますか。

空腹時に食事をするとお腹いっぱいになるまで食べる方も多いと思います。

それを毎日3食続けていると内蔵の負担が大きくなってしまいますし、胃もたれや腸内環境が悪化する場合もあります。

しかし一回の食事の量を腹八分目程の量で抑えると内蔵や消化器官への負担が軽減されると言われています。

腹八分目なんて物足りなさを感じるかもしれませんが、何度か続いていると慣れて来ますし食事直後の体が重たい状態がなくなり、その後の活動も軽快にする事が出来るはずです。

また、お腹がいっぱいになることから引き起こされる眠気も抑える事が出来ます。

食事の量を抑える事でいままで取っていたカロリーも抑える事も出来ますし、健康も維持できるとしたら嬉しい事ですね。

お腹いっぱいになるまで食事をしている方は現在の食事の量を見直してみるのはいかがでしょうか。

普段の生活の中で健康を維持する情報を記載しましたがいかがでしたか。

お役にたてるものがあったでしょうか。

健康でいる事は自分一人だけではなく周りの人達も幸せにすることに繋がります。

是非普段からの生活を見直してみましょう。

ここ数年、健康志向が強い人達が増えた傾向にあるように感じます。
年齢を重ねても素敵な女性や、とても実年齢に見えない若い年配男性などが多くいらっしゃいますが、その方達を筆頭に健康であることを謳歌する時代がやってきているのかもしれません。
そこで、ここでは普段の生活の中で健康を維持できる情報をいくつかご紹介いたします。

【体重をBMI値で管理しましょう】
BIM値というのはご存知でしょうか。これは、体格を数値化するものでボディマスインデックスの略です。
この数字により、身長に対して健康的な体重を算出する事が出来ます。計算式は、体重÷(身長×身長)です。
例えば、体重55キロ、身長160cm(1.6m)の人であれば55÷(1.6×1.6)という式で、21.48(ここでは小数点2ケタは四捨五入させていただきます)という数字がでます。
日本は22.0を平均と定め、この平均値に近いほど健康体重であるという事を示しています。22.0より低いと少し痩せ気味、それより多いと肥満気味ということになります。
この健康体重を維持する事で、体の外側内側にかかる負担を減らす事が出来ますし肥満や生活習慣病からくる病気のリスクを減らす事が出来ると言われています。
この数値は年齢問わず基準として利用できますので、若い方も年配の方も計算する事が出来ます。さて、あなたの現在の体重はいかがでしょうか。是非計算をしてみてくださいね。

【特保で健康維持】
現在、特定保健用食品いわゆる特保といわれる普段の生活から健康状態を維持しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ