アフリカ原産のお茶ルイボスティーがもたらす驚きの効能とは?

ruibosu-tea

ルイボズティーは、南アフリカのケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にのみ自生する貴重なお茶の葉です。

強い香りなどもほとんどなく、まろやかで、癖のない飲みやす味のお茶です。

またノンカフェインなので、妊婦さんや、赤ちゃんまで安心して飲むことができます。

このルィボスティーの効果・効能がとてもすばらしいことがわかりました。

今日はこのお茶を飲む健康法についてお話ししたいと思います。

ルイボスティーに含まれる栄養について

南アフリカの先住民の間では不老長寿のお茶と呼ばれ、親しまれてきました。

ルイボスティーにはたくさんの栄養が含まれているのですが、
人間の体に必要な、カルシウム、マグレシウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛などのミネラルが豊富に含んでいるのです。

そして、重要な成分として、脂肪の酸化を抑える、抗酸化作用力があることがわかっています。

ルイボスティーの驚きの効果

①女性にはうれしい美容効果

先ほど抗酸化作用があるとお話ししましたが、しみ、そばかす、しわの原因になると言われている、活性酸素を除去する働きがあるため、
お茶を飲んでいるだけで、若々しく、美肌を保つことができます。

また、この抗酸化作用によって、アトピーなどのアレルギー性皮膚炎の炎症を抑える効果があり、飲むと改善されていくと言われています。

②妊活に効果

実は排卵から、着床、妊娠までに、活性酸素が大きく影響しているのです。

活性酸素は卵子や生食器を老化させます。

ルイボスティーを飲むことで、余分な活性酸素を取り除き、生殖機能の正常化と、老化を遅らせることができるのです。

またノンカフェインなので、妊娠中も、出産後の授乳中など栄養が必要な時期にも安心して飲み続けられるお茶です。

③代謝の改善効果

ルイボスティーは全身の代謝を上げ、脂肪を燃焼させる効果があります。

腸の動きをよくし腸内環境の正常化をはかり、便秘解消にも効果があることがわかっているため、
ダイエットに効果を発揮します。

④二日酔いの軽減

二日酔いの原因はお酒を飲んだ時に、体内でできるアセトアルデヒドという毒素が原因となっています。

この毒素によって、活性酸素が発生することで、頭痛や吐き気などの不快な症状が出ているのですが、
抗酸化作用によって、毒素を浄化し、不快症状を軽減させるのです。

このようにルイボスティーの抗酸化作用の効能によって、全身の老化を防ぎ、数多くの病気の原因になると言われている活性酸素を除去することで、
病気やアレルギーや花粉症の改善・予防をし、健康的な暮らしをめざしたいと思います。

ルイボスティーは鼻炎にはどうなの?

鼻炎をお茶で対策するのでしたら、なたまめ茶や甜茶などがおすすめです。

詳しくは、子供の鼻炎にお茶が効くのかのサイトをご覧いただくといいと思います。

ルイボスティーを料理などにも利用できます

ルイボスティーをお水代りに料理に使うことができます。

カレーや、お味噌汁、煮物など。

特にお肉をルイボスティーにつけてから焼くと、やわらかくなり、肉の臭みも取れて、美味しく焼くことができます。

たくさん飲むことができない人はお料理に利用して、体に取り込んでいくと良いと思います。

またお茶を煮出したあとのティーパックをお風呂に入れると、美肌効果や、乾燥肌を改善することができます。

アトピーなどの皮膚炎がひどい場合や、冬の乾燥肌が気になる時にはルイボスティーのお風呂にゆっくり浸かると、
リラックス効果もあり、お肌に潤いを感じることができると思います。

他にも、使用した後のティーパックで油汚れを取り除くのに使ったり、観葉植物などの肥料としても大活躍します。

お茶を煮出したあとも、あらゆる場面で活用できるお茶です。

たくさんの効果と効能をもたらしてくれる南アフリカのお茶ルイボスティー。

不老長寿と言われたその名の通り、人間の体に必要な栄養素がたくさん含まれており、
飲むだけで、体が健康的に、若々しくいられる、夢のようなお茶です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ